文字サイズ

 異常時にこの欄で運行状況をご案内します。

ニュースリリース

安全機能装備の高速乗合バス新車導入について

 平素から北陸鉄道グループをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 北陸鉄道は、8月6日、高速乗合バス名古屋線の大型バス2両を更新いたしました。
 導入した車両は、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置などの安全機能を装備した最新型の車両です。
 今回の新車導入で、北陸鉄道グループの高速乗合バスは、全車両が衝突被害軽減ブレーキまたは、車線逸脱・車間距離警報装置などを装備した、より安全性の高いものとなりました。
 また、新車には携帯電話などの充電ができるコンセントを全席に設置したほか、空気清浄機も装備しています。
 内装は、黒色を基調としたシートと、温もりを感じる木目調の床材を採用し、落ち着いた雰囲気を演出しています。
 今後も北陸鉄道グループでは、より安全で快適な車両導入を進めてまいります。

- 記 -

1.主たる車両装備

  ・衝突被害軽減ブレーキシステム
  ・車線逸脱警報装置  
  ・車間距離警報装置  
  ・AC100Vコンセント(全席) 
  ・空気清浄機
  ・平成21年排出ガス規制適合車(ポスト新長期)
  ・平成27年度重量車燃費基準達成車

2.導入実績

  ・名古屋線 4列シート 2両(38人乗り) 
以上